すぐに実践できるパワーポイントセミナー

パワーポイントで100ページの報告書作り

パワーポイントは、プレゼンテーションを作るための機能が充実したアプリケーションですが、紙の資料を作るには適していません。その理由は以下の通りです。

  • 目次を作る機能がない
  • 複数ページに渡ってのテキストが書けない(テキストの流し込みができない)
  • 奇数ページと偶数ページで自動的にテンプレートが割り振れない

ほんの数ページの資料であれば力技でも対応できますが、分量が多くなると、とても対応できるものではありません。

パワーポイントで大量の書類を作るには、事前の準備が必要です。逆に、事前の準備さえしっかりしていれば、作業効率は飛躍的に上昇します。

説得力のある資料作り

パワーポイントを使う目的は「提案」か「報告」のいずれかがほとんどでしょう。そして、提案書類の作成こそがパワーポイントの大きな目的と言えます。

多くのパワーポイントセミナーでは、パワーポイントの使い方を重点的に教えます。当社でも使い方を教えることはできますが、それよりも、パワーポイントを使って何を作るべきかの方がはるかに重要です。

採用されやすい提案には、必ず2つの要素があります。それは「分かりやすい」ことと「おもしろい」ことです。言葉としては漠然としていますが、この2点は具体的な形に落とし込むことができます。

分かりやすい提案とは

分かりやすい提案を考える前に、分かりにくい提案を考えてみましょう。分かりにくい要素を挙げていくと、「話がまとまっていない」「具体性がない」「言葉が伝わりにくい」など、簡単に見つかるでしょう。分かりやすい話というのは、その逆、つまり、

  • 話がまとまっている
  • 話が具体的
  • 言葉が伝わりやすい

といった内容だということです。

分かりやすい話を作るためには、押さえておくべき要素があります。当セミナーでは、起承転結の4段に分けた提案作成のノウハウを教えています。分かりやすい話の組み立てができれば、提案のポイントを聞き手にしっかりと伝えることができます。

おもしろい提案とは

おもしろさというのは、人によって変わるものでしょうか。当然人それぞれの部分もあるかもしれませんが、一定のセオリーというものも確かに存在します。一見違うように見えるストーリーでも、分割していくと同じような要素があることが発見できます。

奇をてらう企画書も中には存在しますが、そのような個人の資質に頼った企画書では、会社として一定の成果を得ることができません。人がおもしろいと思う感情を分析して、それを提案のストーリーに落とし込むことによって、誰でもおもしろい企画書を作ることができるようになります。

セミナー開催のステップ

セミナー開催は、企業等への訪問セミナーが主体となっています。

  1. 打ち合わせ
    セミナーの内容などについて、打ち合わせを行います。セミナーの日時や時間もこのときに決めます。
  2. テキスト制作
    セミナーの内容に合わせて、独自のテキストを作成します。
  3. セミナー開催
    セミナーを開催します。予定通りに開催できない場合は、その都度対応策を講じます。
  4. お支払い
    セミナー開催後、金額を計算してご請求いたします。

キャンセルについて

キャンセルの場合、基本的にキャンセル料が課されます。また、テキスト制作終了後は、テキストの制作費も必要になります。詳しくは打ち合わせ時にご確認ください。

料金

1人1時間あたり3,000円

カリキュラム

パワーポイントの基本的な使い方を学びたい

講座タイトル 時間
パワーポイントの基礎 3時間程度
スライドマスターの使い方
レイアウトを整える
タイトルとページ番号の付け方
目次の作り方
フォント・配色の設定
簡単で効果的なデザイン
ワーク

企画書の作り方を学びたい

講座タイトル 時間
分かりやすい話の組み立て方 3時間程度
おもしろい話の組み立て方
企画を通すための必須項目
企画の4要素
企画に必要な具体性
「はじめに」の効果
プレゼンの言葉運び
ワーク

セミナーの内容は企業様によってカスタマイズできますので、お気軽にご相談ください。

CONTACT US

お問い合わせはこちらから