すべての仕事は企画書から始まる
すべての仕事は企画書から始まる

頭に浮かんだアイディアを、そのままにしていませんか?
未来文書株式会社は、あなたのアイディアを形にするスペシャリストです。

新型コロナウイルスへの対策として、当社では下記の対応を実施しております。お客様には大変ご不便をおかけしますが、なにとぞご了承をお願いいたします。

  • 対面での打ち合わせはマスク着用にて行います。また、いわゆる3密の状態での打ち合わせはお断りすることがございます。
  • 当事務所へお越しの際は手指のアルコール消毒及びマスクの着用をお願いいたします。(当社にて準備しております)
  • 不要不急の外出を避けるため、書類等の受け渡しについては、なるべく郵送にて対応いたします。

WORKS

企画書制作

企画書制作

事業展開に必要な企画書の制作業務をを承っています。官公庁のプロポーザル公募にも対応しています。

もっと詳しく
報告書制作

報告書制作

ページ数の多い報告書もスピーディーに仕上げます。数字の組み立てや資料の整理も一括で承ります。

もっと詳しく
営業資料制作

営業資料制作

営業用のプレゼンテーション資料やパンフレットなどを制作します。ストーリーの組み立てもお任せください。

もっと詳しく

書類・文書の制作を承ります。

書類の作成はどの企業にとっても時間のかかる作業です。特に、事前の情報収集が必要な企画書や、資料の整理が必要な報告書は、作業だけで相当な時間がかかります。

未来文書では、時間のかかる企画書・報告書を中心に、各種の書類制作を承っています。面倒な業務は外部に委託し、実務の時間短縮を図ってみませんか?

ミーティングをするシーン

官公庁の公募にも対応

プロポーザル公募に代表される官公庁の公募案件は、近年企画書を重視する傾向にあり、入札業者による競争は一層激化してきました。しかし、こうした傾向は、良い企画さえあれば中小企業でも勝てるチャンスが出てきたという見方もできます。

未来文書では官公庁の公募案件を成功報酬制でお手伝いします。受注した後のフォローもしますので、公募にチャレンジしてみようという企業様はぜひご相談ください。

詳しくはこちらから

官公庁のプロポーザル公募にも対応しています。

新着記事

Security Action宣言

近年のテレワーク環境の進化と、それに対するネット犯罪の高度化に伴い、当社においては自社の情報を守るための取り組みとして、Security Actionの宣言をします。 Security Action 宣言とは Secur […]

記事を読む

UTMを導入しました。

近年、Emotetに代表されるコンピューターウイルスの対策が急務となっています。未来文書ではセキュリティ環境の改善のため、UTM(Unified Threat Management)を導入しました。 UTMは総合脅威管理 […]

記事を読む
リスク管理体制の書き方例

プロポーザル公募のリスクマネジメントの書き方

PPP/PFIのガイドラインには、リスク対応、リスク管理について、審査基準を次のように規定しています。 リスク管理体制 事業の特性を踏まえたリスク分析 リスク最小化のための対策 内容,性質に応じたリスク分担 リスクが顕在 […]

記事を読む
プロポーザルに勝つための5つの要素

プロポーザル型公募に勝つための5つの要素

プロポーザル型公募とは、官公庁が主体となる公共事業の募集方法の一つです。通常の公共事業は、あらかじめ国や自治体に事業者登録している業者しか応募できませんが、プロポーザル型公募は条件さえそろっていれば誰でも参加できます。 […]

記事を読む
COVID-19

新型コロナウイルス感染症と人口密度の関係性

2020年2月から本格的に感染が拡大しだした新型コロナウイルスですが、5月に入り、やや小康状態になりつつあります。しかしながら、しばらくは自粛を続けるようにとの要請があるとおり、まだ過ぎ去った出来事というには早い段階です […]

記事を読む
PPP/PFIを理解しよう

PPP/PFIを理解しよう

内閣府の施策に「民間資金等活用事業推進室」という部署があります。言葉の通り、民間のお金を使った事業を推進しようという話です。なんとも都合の良い話に見えますが、これは民間にとっても良い話になることがあります。 たとえば海岸 […]

記事を読む
プロポーザル公募の企画書の書き方

プロポーザル型の企画書の書き方

プロポーザルというのは、提案するという意味の英語です。つまり、プロポーザル型公募というのは、提案型公募と言われるもので、金額だけの入札ではなく、提示された業務に対して何をするのかを競争するものです。そのため、金額だけでな […]

記事を読む
企画書の「はじめに」を考える

企画書の「はじめに」を真面目に考えてみる

ある程度ページ数がある企画書には、「はじめに」というページがついています。通常は目次の前に入れますが、これの重要性をあまり考えずに適当な文言を入れているだけの企画書をよく見かけます。要するに何を書いたらいいのかわからない […]

記事を読む
1枚ものの企画書の書き方

1枚ものの企画書はZ型で考える

世の中には、1枚ものの企画書というものがあります。当然内容がすべて入りきれるものではないので、何らかの工夫が必要です。もっとも気を付けなければならないのは、読み手の目線の順番。目線の順番が違うと、何とも読みにくい企画書に […]

記事を読む